ホーム > アイウォールの家作りガイド > 家作りを始めるまえのガイド【長期優良住宅について勉強しよう。】

家作りガイド

自然素材で作られている和紙壁紙であるアイウォール たけ・わら・お茶の良さをもっと知って頂くための、アイウォールの家作りガイドです。

長期優良住宅について勉強しよう。

長期優良住宅の家作りとは

住宅

家作りにおいて徐々に広がりをみせている長期優良住宅について説明し、自然素材との関係性について説明します。家作りを検討している方の殆どの方は、長期優良住宅と言う言葉は聞いた事があると思いますが、具体的にはわからない方が多いと思います。今後、家作りを行う上でポイントになる長期優良住宅について説明します。

先ず、なんで長期優良住宅制度が出来たかと言う理由です。現在の日本の住宅の寿命は、他の諸外国に比べてとても短く25年から30年程度と言われています。折角、人生の中で最も高い買い物をしたのに使い捨てではどうしようもありません。そこで、現在の長生社会の中で、自分より先に家が駄目になってはしょうがありません。そのような背景を受け、平成21年6月4日から長期優良住宅制度が始まりました。

長期優良住宅とは

住宅

長期優良住宅とは、一言で言うと、長期優良住宅に必要な仕様を満たす事によって建物の性能を確保している住宅の事を言います。

具体的に言うと、耐震性は耐震等級2以上、劣化対策と言われる耐久性の関する仕様は最高等級の等級3、維持管理の仕様も最高等級の等級3が必要になります。そして、省エネルギー性向をしめす断熱性も最高等級の次世代省エネルギー仕様が必要となっています。言い換えると、建物が完成後は、やり直す事が出来ず、隠れてしまう部分をしっかりと作ることによって丈夫で長持ちする家作りをしようとする基準です。

家を建てて数十年後に建て替えの必要に迫られ、建て替える方が多くいらっしゃいます。そのような心配をせず、長期優良住宅を建てる事により丈夫で長持ちする家作りを行い、安心して住む事が出来ます。

長期優良住宅のメリット

住宅

そこで、長期優良住宅のメリットを考えてみます。

長期優良住宅の一番のメリットは、長持ちする充分なバランスが取れた建物性能が取得出来ると言う点です。制度自体が、耐震性は耐震等級2以上、劣化対策と言われる耐久性の関する仕様は最高等級の等級3、維持管理の仕様も最高等級の等級3等の仕様を必要条件として定められていますので、この制度を利用する事によって一定の高品質の住宅が確保できます。

次に、一緒に家作りのパートナーとなるハウスメーカー・工務店の力量を図る事が出来ます。長期優良住宅制度を採用する為には、ある程度の技術力が必要となってきます。現状として、耐震等級を知らないで耐震設計をする設計者も多く存在します。設計能力が低く、工事管理もままならないハウスメーカー・工務店と一緒に家作りを行いたくはないと思います。

盲点になっている部分ですが、将来、様々な都合で家を売却する事も考えられます。その際に、長期優良住宅のお墨付きをもらっていれば胸を張って言う事が出来、客観的な評価基準を示す事が出来ます。家の内部構造は、なかなか見る事が出来ませんので、「丈夫な家です。」と行った所で信憑性は全くありません。その点で、長期優良住宅以外の住宅と比べて有利です。

勿論、税制・金利面でも優遇措置が講じられています。その点については、お客様によって異なってきますので、ハウスメーカー・工務店の担当者を上手く使い、長期優良住宅と長期優良住宅以外の場合でシュミレーションしてみて下さい。

長期優良住宅のデメリットと注意点

住宅

長期優良住宅のデメリットとしては、費用がかさむ事だと思います。基本となる住宅の仕様によって異なってきますが、耐震性・耐久性・維持管理・断熱性等の部分で性能を高め、高品質の性能な住宅を作るので、多少の費用がかさむ事はしょうがありません。後は、どの程度現状よりも費用がかさむかという部分だと思います。その点を考量して、長期優良住宅の家作りを考えてみて下さい。

次は、長期優良住宅の落とし穴でもある注意点です。長期優良住宅の審査があくまで書類審査のみで、現場審査は行われないと言う事です。点検計画を提出する必要はありますが細目は建主に任せられ、点検も自主的に行わなければいけません。形式上、書類審査をクリアする事が出来れば、手抜き工事をしたり、異なった施工をしたとしても長期優良住宅として成立してしまいます。折角、自分が住む家ですので、その点は、注意して、ハウスメーカー・工務店の担当者と家作りを進めて下さい。

長期優良住宅と自然素材の関係

前述したように、長期優良住宅は、建物が完成後は、やり直す事が出来ず、隠れてしまう部分をしっかりと作ることによって丈夫で長持ちする家作りをしようとする基準です。構造上の問題をクリアした上で、自然素材を採用した家作りを行う事は可能です。

内装材に関して言えば、新建材の代表選手であるビニールクロスで家作りを行う事も、自然素材の壁紙や塗材で家作りを行う事も出来ると思います。しかし、折角、構造的に丈夫で長持ちする家を作るのならば、自然素材を上手く活用して家族が健康に生活できる空間を作ったほうが建設的です。

アイウォールの施工例

長期優良住宅で安心した家作りの基礎を固めた上で、上手く自然素材を活用して快適な住空間を作って下さい。自然素材の特徴の一つである時間の経過と共に味わい深くなっていくという点は、丈夫で長持ちな長期優良住宅にぴったりの建材です。上手く、家作りに自然素材を取り入れてみて下さい。そして、その際に、アイウォールの採用も検討して頂けましたら幸いです。

▲ページの先頭に戻る